アスベスト対策をサポートする分析技術

アスベスト対策の概要

アスベストは、その化学的物理的特性から多くは建材として建築物に使用されてきました。
これらの建築物が建て替えの時期を迎えており、アスベストによる健康被害への不安が社会問題となったことから、平成17年7月1日に「石綿障害予防規則」が施行されました。
さらに健康障害の防止の徹底と石綿暴露防止対策の充実を図るため、「石綿障害予防規則」及び「労働安全衛生法施行令」が改正され、平成18年9月1日から規制対象となるアスベストの含有率が1%から0.1%になります。
 当社では、豊富な経験と数多くのアスベスト測定技術を保有する技術スタッフによりお客様のニーズへ的確に対応できる体制が整備されています。

アスベスト対策のフロー
工事計画・施工はJFEグループの専門会社が担当します

アスベスト対策の項目

分析依頼書・契約約款

関連ページ・関連リンク

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部