食品

食品は人が直接体内に取り込むため、高い安全性が求められます。

当社では、食品残留農薬検査や異物調査など安全性を担保するための各種検査はもとより、微量な生体必須成分の定量、”におい”と”かおり”の評価技術など、様々な分析評価を通じて「健康と安全」をサポートします。

残留農薬分析・抗生物質分析・色素分析

農産物は、害虫や細菌の被害を防ぎ安定した供給を確保するために農薬の使用が不可欠です。

しかし農薬の残留は人の健康への影響が懸念されるため、食品衛生法に農薬等のポジティブリスト制度が導入され、基準値を超えて残留した食品の流通が原則禁止されています。

このため、ポジティブリスト制度に対応した残留農薬分析を実施しています。

詳しくは、こちらから

分析事例

生体必須元素の微量分析

世の中の健康への意識の高まりを受け、ファイトケミカルと呼ばれる植物がもつ抗酸化物質や、セレン、コバルトなどの必須微量元素など、健康の維持に必要な物質に対してその有効性評価のための分析を実施しています。

分析事例

”におい”や”かおり”の検査技術

人間の嗅覚は優れているため、食品から発生する僅かな”におい”が不快感をもたらし問題になることがあります。

このような”におい”の問題解決には原因物質の調査が不可欠で、濃縮後に”におい”成分を分析する技術など、様々な分析評価技術を実用化しています。

分析事例

関連ページ・関連リンク

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部