電池材料の解析

リチウムイオン二次電池・キャパシタ、燃料電池、太陽電池などの電池は、正極と負極をセパレータではさむ構造を基本として、異なる材料の組み合わせで構成されています。

構成する各種材料について、化学成分、結晶相、結晶配向性、配合比率などのマクロ構造から、複合化・多層化されたミクロ構造、材料の原子配列・化学状態などのナノ構造まで、電池材料の材料設計や故障解析のために必要な構造解析をお引き受けいたします。

電池材料は反応性が高い材料が多いため、不活性雰囲気下での微細構造解析や表面分析が必要であり、当社はこれに対応しています。

リチウムイオン二次電池の解析

正極材・負極材・セパレータ・集電体など、リチウムイオン二次電池を構成する材料の分析を行います。充放電特性や劣化した電極の評価も行います。

正極材・負極材を構成する活物質、バインダ、導電助剤、ポアなどの分布・形状・配合比率分析、Liの分布・化学状態の分析、充放電時の構造変態や変化調査だけでなく、正極材における原子配列、負極材・正極材の充放電時の構造変態・変化、SEI層の化学状態、セパレータの形態、集電体における集合組織、結晶相・結晶方位・配向性なども調査いたします。

元素分析

化学状態

 

キャパシタ、燃料電池、太陽電池の解析

キャパシタ、燃料電池、太陽電池などの微細構造(形状、結晶構造、組成)などの解析を行います。

形態観察

元素分析

  • 多結晶Si「多結晶シリコン」用極微量分析
  • SEM-EDXによる絶縁皮膜の観察・分析
  • EPMAによる燃料電池(PEFC)用MEA中の元素分布・クライオ断面イオンミリング加工の分析
  • ULV-SEM-EDXをもちいた燃料電池(SOFC)における電解質酸化物の相別分析
 

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部