製品の安全性試験および分析

私たちの身の回りの製品は、高度化やコストの低減のみでなく、安全性も求められています。

当社では、製品使用に伴う危険要因に対して、様々な試験や分析を行うことで、リスクを評価し、その結果を製品の設計等にフィードバックする為のサポートを行います。

微粒子や化学物質の発生挙動解析

微粒子や化学物質の発生挙動解析

PM2.5に代表されるように、微細な粒子(数nm~)や化学物質が人体に与える影響が懸念されています。

これらの影響を評価するためには、微細粒子等の発生挙動解析が不可欠です。

当社では、家具・家電等の使用に伴い発生する化学物質や、ナノ材料製品の破砕や劣化などにより発生する微粒子を、使用想定環境を模擬した空間で評価することで、快適空間の創造を支援しています。

排ガス・環境大気調査

分析事例

日用品の安全性評価試験

日用品の安全性評価試験
電子たばこ蒸気中の懸念物質分析

安全評価には、RoHSREACH、玩具安全基準、ドイツGSマーク認証など、有害化学物質の管理や規制に関連した化学物質試験、特に食生活に関する製品の衛生面での安全性に関する衛生試験、更に、抗菌性評価試験・抗カビ性試験や強度特性・破壊特性等の調査試験など材料特性試験があります。

当社では、さまざまな安全性評価に対応しています。

グリーン調達・EU規制物質

POPs・環境汚染物質分析

分析事例

ニッケル溶出試験(EN1811対応)

ニッケル溶出試験(EN1811対応)

ニッケル製品の人体への悪影響はよく知られており、皮膚などへの長期接触によりアレルギーなどを引き起こすといわれております。

そのため、欧州では皮膚に直接かつ長時間接触する製品を使用したり、流通させる場合の規制基準が設けられています。

規制基準は溶出量(含有量ではありません)のため、対象となる製品で溶出試験を実施して、ニッケルの溶出量から、規制基準を満足しているかどうかの確認が必要となります。

ニッケル製品の安全性評価は、欧州規格EN 1811 に従って実施いたします。

グリーン調達・EU規制物質

分析事例

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部