湿式化学分析

湿式化学分析は、試料を酸分解などの試薬により溶液化して、各種測定方法で目的とする元素を測定する手法です。必要に応じて化学分離などの前処理も行います。

量の測定に重量法や容量法などの化学量論に基づく手法を利用することから、高精度な絶対定量法であり、主成分の高精度分析や機器分析用標準試料の値決定など、重要な分析に利用されています。

元素の種類を調べる定性分析と、量を測定する定量分析とに分かれます。

定量分析には、いくつかの測定方法があります。

当社では、鋼試料はもとより、非鉄金属、セラミックスなど様々な材料の高精度分析を実施しています。

精確な測定のためには、高度な溶かす・分ける・測る技術が必須となります。

湿式化学分析の特長

高精度絶対定量法

量の測定には重量法や容量法などの化学量論に基づく手法を利用することから、高精度な絶対定量法であり、主成分の高精度分析や機器分析用標準試料の分析値決定など、重要な分析に利用されています。

当社では、鉄鋼はもとより、非鉄金属、セラミックスなど、様々な材料の高精度分析を実施しています。

複雑組成物質の定量

試料を溶液化することによって、試料内偏析があっても均一化でき、かつ分析目的元素の分離・濃縮が容易なため、より高感度・高精度な分析が可能となります。

吸光光度法(けい素) 吸光光度法(けい素:Si)
沈殿分析(ニッケル) 沈殿分析(ニッケル:Ni)
容量法(鉄) 容量法(鉄:Fe)

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部