セパレータの分析

クライオイオンミリング(cryo-CP)を導入し、これまで困難だったセパレータの断面加工・観察が可能になり、解体電池の劣化調査など新しいアプリケーションが展開できます。

通常、リチウムイオン電池部材の断面加工には、Arイオンミリング法が用いられます。

しかしセパレータは熱に弱く変質してしまう恐れがあるため、微細な断面構造を観察するためには、加工中の発熱を抑える必要があります。

冷却イオンミリングは、冷却しながら加工するため、セパレータの正確な断面情報を残したまま、加工することが出来ます。

また、電極と結着した状態の複合構造や、コーティングされたセパレータの断面観察も可能です。

クライオCP法で加工したセパレータ断面SEM画像 写真1 クライオCP法で加工したセパレータ断面SEM画像
加工時温度:-100℃

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部