触媒の評価に対応した 高温雰囲気反応・熱処理試験

触媒の評価に対応した高温雰囲気反応・熱処理試験をお引き受けいたします。

多機能熱処理試験炉(マルチ雰囲気炉)の特徴

  • 純ガスのほか、各種混合ガス雰囲気での熱処理が可能です。実施可能なガス種など、熱処理条件についてはご相談ください
  • 1600℃まで加熱できますので、るつぼ溶解も可能です。
  • 温度変動が極めて少ないので、安定した熱処理が可能です。
  • 処理中の炉内観察も可能です。

多機能熱処理試験炉の外観

多機能熱処理試験炉の外観

多機能熱処理試験炉の内部

多機能熱処理試験炉の内部

多機能熱処理試験炉(マルチ雰囲気炉)の概要

多様な雰囲気条件に対応

  • 基本仕様:大気、窒素(N2)、アルゴン(Ar)、コバルト(CO)、アンモニア(NH3)、水素ガス(H2)、真空対応 (基本仕様)
  • その他、不活性・還元・酸化雰囲気などの多様なご要望に対応いたします。

大容量で大型の試験片・部品にも対応

  • 加熱対象部の有効容積:250mm×250mm×250mm
    (A4サイズなど、大型の試験片や部品にも対応いたします。)

高温対応

  • 最高温度:1600℃
  • 鉄系・非鉄などの高温処理及び溶解が可能です。
  • 炉上部の開口部から、処理中に添加・サンプリングも可能です。

処理中の内部観察が可能

  • 炉上部あるいは側面に覗き窓を設け、処理中の炉内観察が可能です。

実施事例

各種材料・部品の熱処理試験

各種雰囲気に対応できる炉の特徴を生かした熱処理試験が可能です。また、温度変動が極めて小さいので、安定した熱処理が可能となります。

 熱処理試験の条件例

雰囲気条件 温度 材料
窒素雰囲気 800℃ 金属板
水素雰囲気 1100℃ 金属部品
窒素+二酸化炭素+水蒸気混合雰囲気 1000℃ 鋼材

 実施例

  • 鋼材の水蒸気酸化試験
  • 酸化物粉末の還元試験
  • 鋼材の脱炭試験
  • 金属板の熱処理試験 など
部品の熱処理試験

部品の熱処理試験

高温での挙動測定試験

  • 高温での変形や反応、溶融挙動などについて、炉内部観察用窓を使った測定・観察ができます。
    材料を高温雰囲気中に置くと、膨張、軟化、溶解などの変形が起こります。
    また、雰囲気ガスとの反応(例:酸化、炭化、窒化など)によっても、形状が変化します。
    さらに、異種の料・物質と接触させた場合には、材料どうしの接着、反応、焼結などの現象が起きることもあります。
    このような反応や現象を炉内部観察用窓を使って測定・観察ができます。
  • 実際の使用条件の雰囲気・温度を再現し、材料の変形・反応挙動の進行を調べる試験ができます。
異種材料の積載反応試験

異種材料の積載反応試験

寸法・重量変化測定、目視観察などに対応

高温処理中の重量変化測定試験

高温処理中の重量変化測定試験

当社では、上記の熱処理炉のほかに、管状炉も用意し、試験目的に合わせて装置を選択します。高温処理前後の試料の外観・寸法・重量比較のほか、高温試験中の寸法・重量変化の測定もできます。

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部