コチニール色素分析

製品中のコチニール色素を分析いたします。

法規制の動向

コチニールとは、エンジムシ(中南米原産の昆虫)から得られた、カルミン酸を主成分とする赤色の着色料です。食品(清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなど)や化粧品(口紅、アイシャドーなど)で使用されているものがあります。

現在日本国内でのコチニール色素の法規制はありませんが、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、アナフィラキシーを引き起こしたと推定される事例が、1960 年代から数にして20 ほどの論文等で報告されています。急性のアレルギーを発症した場合、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性もあるため、2012年5月に、消費者庁から注意喚起されました。

当社の環境負荷物質分析サービスの特徴

  • 最新鋭の分析設備と豊富な経験により、目的有害物質の定量分析に対応します。
  • 食品をはじめとして、化粧品や文房具等の製品にも対応いたします。


分析方法

食品試料 例

測定例

測定例

適応例

  • 食品
  • 化粧品
  • 文房具など

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部