大気汚染防止法・水質汚濁に係る環境基準

大気汚染防止法 揮発性有機物質の規制対象施設

排出施設 規模要件 排出基準
塗装施設
(吹付塗装に限る)
排風機の排風能力100,000m3⁄時以上のもの 自動車製造のように供する塗装施設(吹付塗装に限る) 既設700ppmC
新設400ppmC
その他の塗装施設(吹付塗装に限る) 700ppmC
塗装の用に供する乾燥施設
(吹付塗装及び電着塗装に係るものを除く)
送風機の送風能力が10,000m3⁄時以上のもの 600ppmC
接着の用に供する乾燥施設
(木材・木製品の製造の用に供する施設及び下欄に掲げる施設を除く)
送風機の送風能力が15,000m3⁄時以上のもの 1,400ppmC
印刷回路用銅張積層板、合成樹脂ラミネート容器包装、粘着テープ・粘着シート又は剥離紙の製造における接着のように供する乾燥施設 送風機の送風能力が5,000m3⁄時以上のもの 1,400ppmC
グラビア印刷のように供する乾燥施設 送風機の送風能力が27,000m3⁄時以上のもの 700ppmC
オフセット輪転印刷のように供する乾燥施設 送風機の送風能力が7,000m3⁄時以上のもの 400ppmC
化学製品製造の用に供する乾燥施設 送風機の送風能力が3,000m3⁄時以上のもの 600ppmC
工業製品の洗浄施設
(洗浄の用に供する乾燥施設を含む)
洗浄剤が空気に接する面の面積が5m2以上のもの 400ppmC
ガソリン、原油、ナフサその他の温度37.8℃において蒸気圧が20キロパスカルを超える揮発性有機化合物の貯蔵タンク(密閉式及び浮屋根式(内部浮屋根式を含む)を除く) 1000kl以上のもの(ただし、既設の貯蔵タンクは容量が2000kl以上のものについて排出基準を適用する) 60,000ppmC

「ppmC」とは,排出濃度を示す単位で,炭素換算の容量比百分率です。

原則年2回以上(施設の運転状況を代表する安定した時期)

水質汚濁に係る環境基準 (別表 人の健康の保護に関する環境基準)

(昭和46年環境庁告示第59号、改定平成15年環境省告示第123号)
項目 基準値 測定方法
カドミウム 0.01mg⁄l以下 日本工業規格JISK0102(以下「規格」という)55に定める方法
全シアン 検出されないこと 規格38.1.2及び38.2に定める方法又は規格38.1及び38.3に定める方法
0.01mg⁄l以下 規格54に定める方法
六価クロム 0.05mg⁄l以下 規格65.2に定める方法
砒素 0.01mg⁄l以下 規格61.2又は61.3に定める方法
総水銀 0.0005mg⁄l以下 本告示付表1に掲げる方法
アルキル水銀 検出されないこと 本告示付表2に掲げる方法
PCB 検出されないこと 本告示付表3に掲げる方法
ジクロロメタン 0.02mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
四塩化炭素 0.002mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
1,2-ジクロロエタン 0.004mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1又は5.3.2に定める方法
1,1-ジクロロエチレン 0.02mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
1,1,1-トリクロロエタン 1mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
トリクロロエチレン 0.03mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
テトラクロロエチレン 0.01mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
1,3-ジクロロプロペン 0.002mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2又は5.3.1に定める方法
チウラム 0.006mg⁄l以下 本告示付表4に掲げる方法
シマジン 0.003mg⁄l以下 本告示付表5の第1又は第2に掲げる方法
チオベンカルブ 0.02mg⁄l以下 本告示付表5の第1又は第2に掲げる方法
ベンゼン 0.01mg⁄l以下 日本工業規格JISK0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
セレン 0.01mg⁄l以下 規格67.2又は67.3に定める方法
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg⁄l以下 硝酸性窒素にあたっては規格43.2.1、43.2.3又は43.2.5に定める方法、亜硝酸窒素にあたっては規格43.1に定める方法
ふっ素 0.8mg⁄l以下 規格34.1に定める方法又は本告示付表6に掲げる方法
ほう素 1mg⁄l以下 規格47.1若しくは47.3に定める方法又は本告示付表7に掲げる方法

1 基準値は年間平均値とする。ただし、全シアンに係る基準値については、最高値とする。

2 「検出されないこと」 とは、測定方法の欄に掲げる方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。

3 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度は、規格43.2.1、43.2.3又は43.2.5により測定された硝酸イオンの濃度に換算係数0.2259 を乗じたものと規格43.1により測定された亜硝酸イオンの濃度に換算係数0.3045を乗じたものの和とする。

分析依頼書・契約約款

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部