絶縁油中の微量PCB(低濃度PCB)分析

絶縁油中の微量PCB(ポリ塩化ビフェニル)分析

絶縁油中微量PCBの簡易測定法による受託分析サービスを開始します

高性能ガスクロマトグラフ質量分析機

当社は、これまでに環境ホルモンやダイオキシン類等で培ってきた極微量分析の技術と経験を生かすとともに前処理設備等を新規導入し、平成22年4月1日より、環境省指定「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル」(平成22年1月公開)に基づく微量PCBの受託分析サービスを、当社京浜地区で対応する体制を構築し、開始することにいたしました。

お客様の要望に応じ、当社社員の現地でのサンプリングも対応可能です。また、お客様がサンプリングを実施される場合には、当社から「サンプル採取キット(無料)」(容器、スポイト、手袋)をお送りします。

微量PCB(低濃度PCB)受託分析サービスの特徴

  • 高分解能GCMSによる高精度法含め、環境省簡易測定法マニュアル中3種類の分析技術に対応(国内初)。
  • 1万検体の年間処理能力体制を早期に構築し、万全の体制でご依頼をお待ちしております。
  • 最短で翌営業日で分析結果をご報告いたします(要ご相談)。

微量PCB(低濃度PCB)受託分析サービスの流れ

当社は分析のための試料の取り扱いに関し、環廃産発040217005(平成16年2月17日)に基づいた適切な処置を致します。

当社のPCB分析サービスの流れ
お問い合わせフォーム

参照サイト

微量PCB出張サンプリング対応エリア

  • 【関東エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
  • 【中部エリア】愛知・静岡・山梨・長野・岐阜
  • 【近畿エリア】大阪・兵庫・滋賀・三重・京都・奈良・和歌山
  • 【中国エリア】岡山・広島・鳥取・島根・山口

その他の地域につきましても別途ご相談を承ります。

微量PCB(低濃度PCB)受託分析方法

「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル」(平成22年1月公開)で当社が採用する方式

環境省簡易測定マニュアルNO 測定方法名称
2.1.1 高濃度硫酸処理/シリカゲルカラム分画/キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)法
2.1.2 加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/キャピラリーガスクロマトグラフ/
電子捕獲型検出器(GC/ECD)法
2.2.1 溶媒希釈/ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析(GC/HRMS)法

参照サイト

分析依頼書・契約約款

関連ページ・関連リンク

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部