PCB分析

PCB受託分析サービスの特徴

  • 高分解能GC-MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)を用いて、高精度なPCB分析に対応いたします。
  • 少量の試料量(0.5g程度)でも定量下限値分析を行います。
  • 年間数百検体のPCB分析を手がけており、十分な経験を有しております。
  • 絶縁油をはじめ有機顔料、建築用シーリング材など多種多様な形態のPCB分析について、豊富な経験と実績があります。

PCB分析・調査項目

PCB廃棄物

ポリ塩化ビフェニル(PCB)が含まれる廃棄物の処理の流れや、廃棄を適正に処理するためにPCBの汚染状況の把握(PCB分析)について

絶縁油中の微量PCB(低濃度PCB)分析

トランスやコンデンサ類に含まれる絶縁油中には、微量PCBが含まれている可能性があります。当社では絶縁油中微量PCBの簡易測定法による受託分析をお引き受けいたします。

有機顔料中のPCB分析

一部の有機顔料が、製造工程において非意図的に生成した微量のポリ塩化ビフェニル(PCB)を含有することが判明したため、当社では経済産業省が公表した指導内容に沿った有機顔料中のPCB分析をお引き受けいたします。

建築用シーリング材中のPCB分析

1972年以前に着工された建物に使用されたシーリング材にはPCBが含まれている可能性があり、シーリング材を撤去する際には、PCB含有量を調査する必要があります。当社は、撤去されたシーリング材のPCB含有量調査をお引き受けいたします。

廃塗料中のPCB分析

廃塗料中のPCB分析や、橋梁塗替え工事などで既設塗料を剥離剤を使用した場合の剥離剤を含む廃塗料中のPCB分析をお引き受けいたします。

PCB含有廃棄物「感圧紙」のPCB分析

感圧紙は、原紙層に筆圧を加えることでマイクロカプセルが破れ、顕色剤と反応して発色します。PCBはこのカプセル中に入っているため、上・中・下用紙それぞれがPCBで汚染されている可能性があります。当社はマイクロカプセルを含む、多種多様な感圧紙のPCB分析をお引き受けいたします。

 

分析依頼書・契約約款

関連ページ・関連リンク

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部