歯科用ドリルの機械的安全性試験

歯科用を主とした医療用ドリルの機械的安全性を評価いたします。

測定技術の概要

歯科用ドリルの物理的試験には、ねじり抵抗試験、曲げモーメント試験、偏心試験があります。当社では、これらの試験からドリルの力学的評価と回転・振動に係わる評価を承ります。JIS規格に準拠、または規格を参考にした試験を実施いたします。

歯科矯正用アンカースクリューについても、ぜひご相談ください。

試験概要

対応するJIS規格 JIS T 5221-1 「歯科用歯内療法器具-第一部:一般的要求事項及び試験方法」
JIS T 5502 「歯科用回転器具-試験方法」
試験環境 室温、常湿、大気中
適用サンプル 曲げモーメント、ねじり抵抗、偏心

各種試験方法

① ねじり抵抗試験

マイクロねじり試験機を用いて、ドリルの最大トルク及び最大曲げ角度の測定を実施し、ねじり抵抗を評価いたします。
ねじり抵抗試験

② 曲げモーメント試験

マイクロねじり試験機を用いて、トルクと角度変位を測定し、ドリルの剛性を求めます。
曲げモーメント試験

③ 偏心試験

ダイアルゲージ、またはデジマチックインジケーターを用いて偏心を測定いたします。

偏心試験

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部