歯面漂白剤(ホワイトニング)の評価試験(JIS T 6542)

歯面漂白剤評価試験(JIS T 6542)のサンプル作製、各種評価を実施いたします。

試験の概要

歯面漂白剤(ホワイトニング)を用いた際の歯への影響の評価を行います。JIS T 6542 「歯面漂白剤」に準拠し、サンプル作製、試験前後の各種評価を実施いたします。

試験概要

試料 ヒト歯または牛歯
(エナメル質と象牙質に分離しそれぞれ実施)
手順(概略) ① ヒト歯または牛歯から試験サンプルを加工
② 漂白前の各種評価
③ 漂白剤または対照処理(クエン酸等)処理
④ 漂白後の各種評価
評価項目 漂白剤(または対照試験)前後で「硬さ」、「表面粗さ」、「色」等を測定
漂白剤を使用した際の歯への影響を評価
関連規格 JIS T 0993-1およびJIS T 6001:生体適合性
その他 漂白剤本体には過酸化水素発生量等、別途評価項目有り

評価試験の手順

牛歯サンプル切断の例

牛歯サンプル切断の例

歯面サンプルの評価試験手順

歯面サンプルの評価試験手順

○漂白剤そのものの評価は、
「外観検査」「過酸化水素供給濃度測定」で別途規定

○生体適合性はJIS T 0993-1およびJIS T 6001で別途規定

1本1本形が異なる歯を、試験サンプルとして加工(切断、研磨)・評価いたします

  • 漂白処理や、対照試験(クエン酸、イオン交換水中浸漬試験)の実施、評価項目についてはお問い合わせください。
  • その他の歯科用材料の評価試験についても、お気軽にお問い合わせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部