迅速疲労測定装置
回転曲げ疲労限界の迅速測定

測定技術の特徴

受託計測
  • 疲労破壊エネルギー(散逸エネルギー)を赤外線カメラで検出して疲労限界を迅速測定
  • 測定時間は従来方式の1/10~1/100、超長寿命疲労(ギガヘルツ疲労)に威力を発揮
  • 各種材料選定のスクリーニングに最適

測定例

  • 焼結材料の回転曲げ疲労限界を迅速法で測定し、従来法と比較してよく一致
  • 焼結材料や介在物起因の疲労破壊を起こす材料では、超長寿命疲労も測定可能

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部