X線透過観察による内部構造の可視化

X線透過観察の概要

受託計測

X線透過観察による2次元的な観察およびX線CTによる3次元的な観察により、試料を破壊することなく、内部構造の可視化が可能です。

破壊することができないものの内部検査を精度良く行うことができ、部品内部の破損や欠陥、不具合を解析することができます。

また、X線を用いて非破壊、短時間、高性能なオンサイト残留応力測定サービスも行っています。

X線透過観察事例

内部構造および欠陥観察

X線透過観察による2次元的な観察およびX線CTによる3次元的な観察により、試料を破壊することなく内部構造の可視化が可能です。

オンサイト残留応力測定 ストレスクイッカー®

イメージングプレートによる二次元検出器とcosα法を組み合わせた装置により短時間で精度の高い残留応力測定が可能です。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部