X線透過観察、X線CT観察による内部構造および欠陥観察

X線により、試料を破壊することなく、内部構造を可視化します。

受託計測

X線透過観察による2次元的な観察およびX線CTによる3次元的な観察により、試料を破壊することなく内部構造の可視化が可能です。

3次元のX線CT画像からは、ボイドなど内部欠陥の有無の確認、ダイカスト品の巣の体積計算、電子部品の内部構造調査など、様々な評価を行うことが可能です。

アルミ、鉄、ゴム、プラスティック、セラミックなど幅広い材料に対応し、小型電子部品からエンジンまで様々な試料を測定可能です。

X線CT装置の仕様

試料の材質・大きさにあわせて装置を選択いたします。以下にX線装置の仕様(代表例)を示します。

X線CT装置の仕様(代表例)
  高分解能X線CT マイクロフォーカスX線CT 高エネルギーX線CT
X線加速電圧 160kV 225kV 430kV
試料サイズ φ300×h300mm
5kg
φ200mm×h300mm
15kg
φ600mm×h600mm
60kg
X線透過厚さ 鉄3mm 鉄10mm 鉄100mm
分解能* 250nm 500nm 1mm
* 実際の分解能は試料サイズ、撮影視野設定及びX線管焦点寸法の制約などにより決まります。

内部構造、欠陥観察事例

CFRPのクラック調査

打痕のあるCFRPのクラックを調査した事例を図1に示します。CFRPのクラックの進展を確認できます。

3次元画像 3次元画像
断面画像 断面画像

図1 CFRPのクラック調査

電子部品のコネクタのかしめ調査

プラッシクカバー内のコネクタのかしめの状態を調査した事例を図2に示します。

3次元画像・左
3次元画像・右
3次元画像 断面画像 断面画像

図2 電子部品のコネクタのかしめ調査

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部