No.29「標準物質(1)」

No.29
標準物質(1)~世界の標準物質~

写真 当社が開発したRoHS規制対応分析用プラスチック標準物質
写真 当社が開発したRoHS規制対応分析用プラスチック標準物質
(a)化学分析用、(b)蛍光X線分析用

電気製品や食品、医療など暮らしの中でさまざまな製品やサービスの提供を受けるとき、私たちは、これら製品に付与される多くの情報(消費電力、質量、消費カロリー、内容量、血圧、他)を購買(サービス)の判断に利用しています。この様な製品やサービスに付与するデータを測ることを一般的には、「計量」や「計測」と呼んでいます。計測分野において、その数値の信頼性を確保するために用いられるものが、「標準物質」です。

標準物質は、国内はもとより世界23カ国以上の国から提供され、その数は総計1万を超える状況となっています。標準物質は、国際的なデータベースCOMAR[コマール](COde d'indexation des MAteriaux de Reference)に登録されています。COMARへの国別の登録数は、1位:日本、2位:フランス、3位:中国となっています。日本は、鉄鋼標準物質、無機材料標準物質などの登録数が多く、国内の研究機関(産業技術総合研究所、製品評価技術基盤機構)や業界団体(鉄鋼連盟、日本セラミックス協会、他)などから化学組成分析用の標準物質が多数供給されています。当社が開発したRoHS規制対応分析用のプラスチック標準物質( 写真、化学分析用ならびに機器分析用)もCOMARに登録されており、全世界の皆様にご利用いただいております。

当社では、これらの市販品がカバーしていない素材や組成の標準物質について、お客様のご要望に応じた化学組成の標準物質を製造・販売しております。

また、標準物質は、十分に均質でかつ長期間変質しないことが要求されます。当社は、均質性評価は元より長期間の安定性評価などの品質検査に合格した標準物質を提供する体制を整えております。

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部

「標準物質」 シリーズ一覧