無人航空機(UAV)搭載用ハイパースペクトルカメラ

販売

航空機搭載型ハイパースペクトルカメラを総重量約2kgと従来の航空機搭載型のものよりも大幅に小型・軽量化することにより、無人航空機(UAV)への搭載を実現しました。

UAVに搭載したハイパースペクトルカメラによる測定は飛行ための準備が有人機とは比べ物にならないほど手軽であり、狭い範囲をピンポイントに高分解能でスペクトルデータが採取できます。

概要

ハイパースペクトルカメラを利用したリモートセンシングは、農業、森林管理、地表や海上の環境観測など、多くの分野で利用されています。

昨今、航空機を利用したリモートセンシングでは、飛行のための準備が有人機とは比べ物にならないほど手軽で、狭い範囲をピンポイント、高分解能で撮像することが可能な無人航空機(UAV)が注目されています。

当社では、航空機搭載型のハイパースペクトルカメラの主とした構成要素であるセンサヘッド、コンピュータ、位置姿勢情報記録装置(GPS/IMU)のそれぞれを小型・軽量化し、UAVへ搭載可能なハイパースペクトルカメラを開発しました。

センサヘッドであるハイパースペクトルカメラImSpectorとカメラに小型軽量のものを採用しました。

また、制御・データ記録用のコンピュータは超小型タイプを使用しました。

効果で重量のあるGPS/IMUの代わりに、カーナビなどに用いられるGPS受信機をカメラの手振れ補正などに用いられるジャイロで置換することにより、システムの総重量約2kgを実現しました。

測定はUAVの飛行を目視で行い、データ採取時の位置情報と機体の姿勢情報をスペクトルデータとともに保存します。

測定後、専用の幾何補正ソフトウェアを用いて、測定時の位置情報と機体の姿勢情報から、飛行時の高度と機体の揺れや傾きを補正して、スペクトル情報を空間再構成が可能です。

装置の製作・販売は当社が行います。

ご希望の測定波長範囲、撮像距離や分解能など、ご用途に合わせた装置構成をご提案させていただきます。

測定対象例

農耕地、森林の管理、地表及び海上などの環境計測、建造物。

測定概要と測定例

無人航空機(UAV)搭載用ハイパースペクトルカメラ機器構成 無人航空機(UAV)搭載用ハイパースペクトルカメラ機器構成 無人ヘリコプターによる撮像イメージ 無人ヘリコプターによる撮像イメージ

ハイパースペクトルによるリモートセンシング例

市街地上空 市街地上空 湖面上へのオイル漏れの検出 湖面上へのオイル漏れの検出

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部