ランドスケープ分光測定機 PSALM-700

ランドスケープ分光測定機 PSALM-700の概要

ミラー回転型ランドスケープ分光測定機は、ハイパースペクトルカメラの前面でミラーを回転走査させることにより、風景など画像の全ての点の分光スペクトルを即座に測定できる装置です。標準の分光波長範囲は380~780nmですが、仕様によって1700nmまでの近赤外も対応可能です。

ランドスケープ分光測定機 PSALM-700

PSALM-700の主な特長

  • ハイパースペクトルカメラ ImSpectorによる線分光
  • 30秒間で風景画像の分光測定が可能
  • スペクトル-RGB変換による画像表示と各点のスペクトル表示
  • 特定波長画像表示
  • 色彩、色差等の各種演算機能
  • 波長分解能:5nm(オプション1nmまで可)

PSALM-700の用途

  • 森林活性度の測定、凍結検知など

※用途に応じて仕様変更が可能ですのでご相談下さい。

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部