顕微鏡用平面分光測定機 PSAM-700

顕微鏡用平面分光測定機 PSAM-700の概要

顕微鏡用平面分光測定機 PSAM-700

顕微鏡用平面分光測定機は、ハイパースペクトルカメラを顕微鏡に取り付けたのもので、試料をステージ上で一次元移動させることにより、顕微鏡像のすべての点の分光スペクトルを即座に測定できます。

標準の分光波長範囲は400~700nmですが、顕微鏡の仕様によっては1700nmまでの近赤外領域も対応可能です。

PSAM-700の主な特長

  • ハイパースペクトルカメラ ImSpectorによる線分光
  • 30秒間で顕微平面分光測定が可能
  • スペクトル-RGB変換による画像表示と各点のスペクトル表示
  • 特定波長画像表示
  • 色彩、色差等の各種演算機能
  • 波長分解能:5nm(オプションで1nmまで可)

ハイパースペクトルカメラ ImSpectorの仕様

型式 PSAM-700
波長領域 400~700nm
分光方式 ハイパースペクトルカメラ ImSpectorによる線分光
処理
  • スペクトル-RGB変換によるカラー画像表示
  • 各点のスペクトル表示
  • 特定波長画像表示
  • 色彩計算機能(XYZ、RGB、L*a*b*、Lab、CMYK値)
  • 指定の基準点との色差表示、色差領域表示
測定時間 スキャン(計測)時間 0.1秒/1ライン
画像分解能 X軸方向:80μm/画像倍率(オプションで向上可)
Y軸方向:顕微鏡視野/480 または顕微鏡分解能
波長分解能 5nm(オプションで向上可)
寸法 40×50×220mm(カメラおよび分光器部)

(用途に応じて、仕様変更対応しますのでご相談下さい。)

PSAM-700の用途

  • 生体細胞のスペクトル測定、微小材料のスペクトル測定など

※用途に応じて仕様変更が可能ですのでご相談下さい。

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部