高温設備の余寿命診断

高温設備の余寿命診断

高温で長期間使用された設備では、クリープ損傷が進行します。使用中の設備の損傷の度合い、余寿命を知ることによって、設備の更新時期を判断することができます。

現地計測・検査・レプリカ採取→マスターカーブにより損傷量評価→余寿命推定 レプリカ採取
レプリカ採取
マスターカーブの例
マスターカーブの例

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部