形態別分析

豊富な湿式分析技術を基に、金属材料中の元素を存在形態別に定量分析致します。

鉄鋼材料中の析出物・介在物分析

鉄鋼材料中の金属酸化物・硫化物等の介在物や析出物(金属間化合物)は鋼の性質に多大な影響を及ぼしています。

介在物・析出物の量、組成、大きさ、分布等を把握するための「化学的抽出分離法を基盤とする介在物・析出物状態分析法」をご提案致します。

化学的抽出分離法を基盤とする介在物・析出物状態分析法

化学的抽出分離法を基盤とする介在物・析出物状態分析法

IR法:赤外分光法(Infrared Spectroscopy)
XRD:X線回折(X-ray Diffraction)
SEM:走査電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope)
TEM:透過電子顕微鏡(Transmission Electron Microscope)
ICP-MS:誘導結合プラズマ質量分析法(Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry)
AAS:原子吸光分析法(Atomic Absorption Spectrometr)

事例紹介

シリコン材料中のシリコン形態別分析

独自の試料溶解法により残存するケイ素の形態を制御し、全ケイ素、金属ケイ素、炭化ケイ素、二酸化ケイ素の形態別分析が可能です。

分析事例

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部