平面分光測定機

平面分光測定機の概要

平面分光測定機 PSA-700/1000

平面分光測定機は、テーブルに載せた印刷物やサンプルを移動させてImSpectorでその平面スペクトル情報を測定、解析する装置です。

画像の色彩情報、蛍光スペクトル等の測定、パネル状発光体の発光色検査、フィルムの透過率測定など2次元平面の測定、検査に広く応用可能です。

画像色彩情報の解析、異物検査、むら検査など豊富なアプリケーションソフトウェアをご提供致します。もちろん、お客様の独自のアプリケーション開発もサポート可能です。

平面分光測定機の主な特長

  • 測定標準サイズ: 220mm(W)×350mm(L) (大形対応可能)
  • 70秒間でA4版サイズの平面分光測定が可能
  • 波長範囲:380nm-780nm(V8) 400nm-1000nm(V10)
  • 波長分解能:5nm
  • 空間分解能:480分割
分光像
分光像
平面分光測定機 PSA-700/1000

平面分光測定機は、テーブルに載せた印刷物や、サンプルを移動させながらイメージング分光器で分光像(図上)を取り込みます。取り込まれた分光データから色彩を計算しRGBカラー画像としてCRTモニターに表示させたり(図中)画像の任意の点の分光スペクトル(図下)を表示させたりすることができます。

分光スペクトル分光スペクトル
RGB変換画像

平面分光測定機の用途

  • 印刷面の検査、プリント面の検査、 LED検査(色調検査、色分解)
  • 蛍光体の検査、フィルムの検査など
  • 研究分野 平面状試料の分光分析

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部