データ分析技術:DX、ビッグデータ、AIモデリング、画像認識,統計解析

関連メニュー

オントロジー技術による知識の体系化と伝承

ノウハウなどの暗黙知を形式知として明示し、企業活動における技術の蓄積、教育、伝承に活用できます。

オントロジーとは?

オントロジー技術は一般的なオントロジーと機能オントロジーの2つに分けられます。一般的なオントロジーでは例えば社内用語の体系化が可能となり、機能オントロジーでは重要技術の体系化が可能となります。

こんな事でお困りではありませんか

  • 部署毎に業務で使用する用語が異なり、社内連携がやりにくい。
  • ベテラン社員が使う専門用語を新人・若手社員が理解できない。
  • 文章で記述された作業マニュアルがわかりにくい。
  • 現象の因果関係を短時間で把握したい。

サービスの概要

一般的なオントロジーによる社内用語の体系化、機能オントロジーによる重要技術の体系化

オントロジーを用いて社内用語の共通辞書を作成することにより、用語の曖昧性、属人性を排除して定義を明確にします。 これにより、社内用語の統一を図ることができ、人によって言葉の解釈が異なることによる種々の問題発生を防止します。

また、機能オントロジーを用いて社内の重要な技術を簡潔明快に記述することで体系化します。これにより、誰でも専門家、 熟練者の思考過程を簡単に参照できるようになり、効率的に技術を習得できるようになります。

一般的なオントロジーによる社内用語の体系化

一般的なオントロジーによる概念、語彙の定義

オントロジーとは、知識に現れる概念やそれらの関係をツリー状に記述したものです。概念の包含関係や構成要素を階層構造として表します。概念に属性を与え、それらを明示することにより、各概念の意味の違いが明確になります。

オントロジーの活用方法

オントロジーによって用語の定義を明らかにし、共通辞書を作成することにより、組織間のコミュニケーションを円滑にすることができます。また、社内用語を統一することができるので、部署によって使用する用語やそれらの定義が異なることによる問題発生を防止できます。

事例:製鉄業の「熱延」という用語の体系化例

機能オントロジーによる重要技術の体系化

機能オントロジーによる設備機能や人の行為の記述

最終的な目的を達成するための機械の機能、人の行為を分解し、因果関係の連鎖としてツリー状に表現したものです。原理一つずつに機能を分解し、機能と達成するための方式に分けて記述するので、機能や行為の目的が明らかになります。

機能オントロジーの活用方法

例えばある製品の設計過程を記述することにより、熟練者の手順をトレースしながら手戻りのない設計を行うことができます。現場作業手順を記述することにより、安全を含めた作業ルールの遵守を徹底することができます。設備、操業トラブルへの対応方法を記述することにより、迅速で効率的な対応を行うことができます。分野が異なる技術者間のコミュニケーションの円滑化にも効果的です。

事例:製鉄業の「熱間圧延」というプロセスの体系化例

このページに関する
お問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部
0120-643-777

0120-643-777

月~金:9:00~17:30(祝祭日を除く)

?
  • TEL
  • MAIL
  • ご依頼の流れ
  • 質問