電池試作とキャパシタ試作

関連メニュー

電池およびキャパシタの試作工程と設備

ページ内メニュー

試作工程

電池およびキャパシタの試作工程と当社保有設備は、以下のとおりです。

  • 電極塗工液調整工程
    (調合・攪拌・脱泡)

    • 活物質・導電助剤・バインダーを調合・攪拌・・・・攪拌機

    薄膜旋回型は塗工液に攪拌エネルギーを与えている面積(緑色)が大きく、高速回転するため、処理液に均一にかつ大きなエネルギーを与えることが可能

  • 電極試作工程
    (塗工、プレス、乾燥)

    • 連続塗工
      連続塗工
    • ロールプレス
      ロールプレス
    • アルミラミネートフィルム
      アルミラミネートフィルム
  • セル組立工程
    (コイン/ラミネート)

    • スリット
      所定の電極サイズに採寸、切断
    • 積層
    • タブ溶接・・・・超音波溶接機
  • 充放電特性
    (初期容量、レート、サイクル)

    • 初期容量
    • レート特性・・・・各種恒温槽・充放電装置
    • サイクル特性
  • 電極塗工液調整工程
    (調合・攪拌・脱泡)

    • 活物質・導電助剤・バインダーを調合・攪拌・・・・攪拌機

    薄膜旋回型は塗工液に攪拌エネルギーを与えている面積(緑色)が大きく、高速回転するため、処理液に均一にかつ大きなエネルギーを与えることが可能

  • 電極試作工程
    (塗工、プレス、乾燥)

  • セル組立工程
    (コイン/ラミネート)

    • スリット
      所定の電極サイズに採寸、切断
    • 積層
    • タブ溶接・・・・超音波溶接機
  • 充放電特性
    (初期容量、レート、サイクル)

    • 初期容量
    • レート特性・・・・恒温充放電装置
    • サイクル特性

各工程の設備仕様

攪拌装置 -薄膜旋回型高速ミキサー(連続処理システム)-

電池およびキャパシタの高性能化を実現するには、活物質・導電助剤の微粒子化され、それらが塗工膜に均一に分散されていることが必要となります。

薄膜旋回型高速ミキサーは、塗工液に攪拌エネルギーを与えている面積(下図:連続処理システム概念図の緑色部分)が大きく、高速回転するため、処理液に均一に且つ、大きなエネルギーを与えることが可能です。

  • 周速:30m/sec(Max)
    処理量:11L/時間(Max)

    周速:30m/sec(Max)
    処理量:11L/時間(Max)

連続式塗工機

  • A4サイズ幅の均一塗工に対応しております。

項目 仕様
塗工 Cコーター
塗布ロール幅 320mm幅(金属箔:最大幅300mm)
塗布方式 ダイレクトコート方式(ロールナイフ式)両面/間欠塗工可能
乾燥炉 加熱方式:熱風乾燥(60~200℃)+ 遠赤外線加熱

連続式塗工機概要

ロールプレス

ロールプレスにより、活物質・導電助剤の充填密度を高め、塗工膜と箔密着力を高めます。

<主な仕様>

    • 総圧:30ton
    • 方式:連続式(ロールtoロール)、枚葉式
    • 幅: 300㎜
    • 制御式:圧力とギャップ調整、加熱可能

超音波溶接機

電極へのタブ接合には、超音波溶接機を用いて接合します。

  • <主な仕様>

    • 超音波溶接機発振機
      型式:Bronson 2000Xea
      公称周波数:40kHz
      最大出力:800W
    • アクチュエータの仕様
      最大加圧力:150kPa
      最大有効ストローク:70mm

このページに関する
お問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部
0120-643-777

0120-643-777

月~金:9:00~17:30(祝祭日を除く)

?
  • TEL
  • MAIL
  • ご依頼の流れ
  • 質問