触媒

触媒は、現代社会において、化学合成分野、環境保護分野、エネルギー分野など、さまざまな分野において必要不可欠となっています。

当社では触媒の開発や触媒を用いた合成品の評価をサポートするため、組成、不純物、残留物分析を実施しております。

排ガス用触媒の分析

自動車排ガス用に使用される触媒は、現代社会において大気汚染の原因で大部分を占める自動車排ガスから自然環境を保護する重要な役割を果たしています。

セラミックス類を主要な担持体とする排ガス用触媒の分析には、難分解性試料の分析に使用される、加圧分解法やマイクロウエーブ分解法を用いた分析を実施しております。

分析事例

合成用触媒の分析

化学物質や医薬品などを合成する上で、触媒は欠かすことのできない物質です。触媒の能力は、その組成に大きく左右されるため、評価手法として化学分析をご提供しています。

また、医薬品分野においては、合成時に使用した触媒が残留すると人の健康に悪影響を及ぼすことが懸念されるため、ICH Q3Dガイドラインにおいては、残留触媒も評価対象としています。

分析事例

燃料電池用触媒の分析

燃料電池はその構成材料として、貴金属触媒が使用されており、その組成は燃料電池の能力・コストを管理する上で欠かすことのできない調査項目です。

分析事例

関連ページ・関連リンク

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部