インプラントの形状変更に伴う強度解析

部分的な形状修正の影響を、強度試験を行わずCAEにて解析、事前検証にご活用いただけます

インプラント部品の設計・開発では部分的な形状変更が頻繁に行われています。設計変更前後の強度評価を、実部品を用いた試験で行うと、開発費のコスト高や開発期間の長期化に繋がります。当社では弾性解析から弾塑性解析までのノウハウを基に、インプラント部品の変形挙動から応力集中までを数値解析するサービスを提供いたします。

8穴-骨プレートの4点曲げ試験の解析

矩形断面8穴-骨プレートの4点曲げ試験(弾塑性解析)

湾曲断面8穴-骨プレートの4点曲げ試験(弾塑性解析)

同一荷重負荷時のひずみ分布(下面側)

  • 断面の湾曲化によりひずみは減少
同一荷重負荷時のひずみ分布(下面側) ひずみ分布(下面側)

各種インプラントのFEM解析を提供いたします。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部   FAX:03-3510-3799