CAE解析事例

関連メニュー

ねじの緩み評価(振動試験およびCAE解析)

ねじの緩み評価試験を行うとともに、CAE解析でねじの緩み挙動を明らかにします。

米国航空規格NAS3350に準拠した加速振動試験

ねじが緩んだ状態で機械や設備を使い続けると、ねじが外れたりボルトが折損して事故につながる恐れがあります。  当社では、ねじの緩み試験として米国航空規格NAS3350に準拠した加速振動試験を行っています。

ねじの締結体(ボルトとナットで冶具のワッシャーとカラーを締結)をスロットにあけた長穴内で自由に上下振動させ、ねじ締結体に衝撃力を繰り返し加えてねじの緩み評価を行います。 NAS3350では振動数、振動幅、衝撃幅、振動回数が以下の値に規定されています。

  • 振動数: 30Hz
    振動幅: 11.4±0.4mmp-p
    衝撃幅: 19mm
    振動方向: ボルト軸直角方向
    振動回数: 30,000回(約17分)
    • NAS3350試験用の保有冶具
      M4、M6、M8、M10、M12、M14、M16用冶具を保有しております。
      その他のサイズも対応いたしますのでご相談ください。 

CAEによるねじの緩み解析

  • ねじのらせん構造を忠実に反映した解析モデルを用いて、静的な繰り返し負荷による緩み量と、緩みに伴う各部材の変形・応力分布を評価します。振動試験と併せて、緩みの問題解決のためのONE STOPソリューションを提供します。

    NAS3350準拠 加速振動試験 ⇔ CAEによる緩み解析
    (現象確認・対策効果確認) (原因調査・対策検討)
  • 当社では、正弦波、ランダム波、衝撃波など様々な振動試験を承っております。また、CAEにより振動中の応力解析、ひずみ解析、固有振動モード解析も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

作業の流れ

このページに関する
お問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部
0120-643-777

0120-643-777

月~金:9:00~17:30(祝祭日を除く)

?
  • TEL
  • MAIL
  • ご依頼の流れ
  • 質問