血清を用いたインプラント・医療器具の溶出試験

溶出溶媒に血清を使用し、実際の使用環境に近い溶出評価を実施いたします。

溶出試験の概要

体内に埋め込んで使用する、あるいは比較的長期間生体内にとどめて使用するインプラント・医療器具は、器具からの溶出物が生体に悪影響を与える可能性があるため、溶出試験を実施して溶出元素を把握しておく必要があります(溶出試験規格の一例を示します) 。

溶出試験規格一例

JIS T 0304 金属系生体材料の溶出試験方法
ISO 10993-12 Biological evaluation of medical devices – Part12: Sample preparation and reference materials
JIS T 6002
ISO 10271
歯科用金属材料の腐食試験方法
Dental metallic materials – Corrosion test methods
JIS T 6112
ISO 8891
貴金属含有量が25%以上75%未満の歯科鋳造用合金
Dental casting alloys with noble metal content of at least 25% but less than 75%

これらの溶出試験は、一般的に純水や生理食塩水を溶媒とした試験系で実施されていますが、例えばステントのように血液との長時間接触が考えられる器具については、血液成分である血清を溶媒に用いた試験系を用いる事で、より使用環境に近いデータを採取することができます。

溶出試験方法

牛胎児血清(市販品)牛胎児血清(市販品)

サンプルに血清※1を規定量添加し、恒温槽に静置して溶出試験※2を実施します。

※1 血清は滅菌処理された牛胎児血清(市販品)を使用します。

※2 血清添加量はご指定いただきますが、溶出条件につきましては、37℃ 1週間が標準条件です。溶出条件は変更できますので、ご依頼の際にお問い合わせください。

元素分析

溶出液分析フロー溶出液分析フロー

溶出試験液を酸分解した後、液中の元素を各種分析装置(ICP質量分析装置(ICP-MS)、ICP発光分光分析装置(ICP-AES)、電気加熱原子吸光分析装置(ET-AAS)など)を用いて分析します。

溶出条件、分析対象元素により報告下限値が異なりますので、ご依頼の際にお問い合わせください。

ICP-MSICP-MS
ICP-AESICP-AES
ET-AASET-AAS

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部