耐候性評価

関連メニュー

ウェザーメーター試験

ウェザーメーター試験は太陽光(主に紫外線)による劣化を評価する試験です。

  • 太陽光(主に紫外線)による劣化を評価する試験です。さらに熱・雨風など屋外の条件を人工的に再現することにより、屋外暴露に比べ数倍から100倍といった促進倍率で試料の耐候性の評価を行なうことができます。
  • JFEテクノリサーチでは下記の4種の耐候性試験機を揃えており、お客様のニーズに合わせて選択することができます。
  • 評価の対象としては、太陽電池モジュール(太陽電池パネル)、塗装鋼板、プラスチック、建築材料、印刷物、ゴム等、自動車やバイクの内装・外装品、自動車部品、電子部品などです。

サンシャインウェザーメーター

  • サンシャインカーボンアーク式ウェザーメーターは国内では標準的な促進耐候性試験で、JIS、ISOを初め多くの規格に規定されています。
  • 長い試験実績があります。
  • 促進倍率は、屋外暴露に比べ数倍から10数倍程度です。

対応規格と用途の例

  • 太陽電池モジュール JIS C 8938
  • 自動車部品 JIS D 0205
  • プラスチック JIS K 7350-4
  • 加硫ゴム及び熱可塑性 JIS K 6266

その他: 塗装鋼板、フィルム、コーティング皮膜、電気・電子部品等

試験事例

その他、用途に合わせたサンシャインウェザーメーター試験機

紫外線蛍光灯ウェザーメーター

  • 紫外線蛍光灯は一般蛍光灯と同じ原理で点灯させて、フィルターを通すことにより紫外線の照射を行います。
  • 目的とする波長によって、以下の3種類があります。
    • タイプ1-UVB 313nm
    • タイプ2-UVA 340nm
    • タイプ3-UVA 351nm
  • 促進倍率は、屋外暴露に比べ数倍から10数倍程度です。

対応規格と用途例

  • 塗料一般試験方法 JIS K 5600-7-8
  • プラスチック JIS K 7350-3
  • 加硫ゴム及び熱可塑性 JIS K 6266

スーパーキセノンウェザーメーター

  • キセノンランプとフィルターにより、太陽光の分光分布に最も近い条件で試験ができます。
  • 低照度から高照度まで、紫外線量を変化させることができます。
    促進倍率は、屋外暴露に比べ10~30倍 程度です。

対応規格と用途の例

  • 自動車部品 JIS D 0205
  • 塗料一般試験方法 JIS K 5600-7-7
  • プラスチック JIS K 7350-4
  • 加硫ゴム及び熱可塑性 JIS K 6266

その他: 塗装鋼板、フィルム、コーティング皮膜、電気・電子部品等

メタルハライドウェザーメーター

  • メタルハライドランプは太陽光の約20~30倍の紫外線量があり、 迅速に耐候性を評価したい場合に適しています。
  • 紫外線量を変化させることができます。 促進倍率は屋外暴露に比べ、数10~100倍程度です。

対応規格と用途の例

  • 自動車部品 JIS D 0205
  • 塗料一般試験方法 JIS K 5600-7-7
  • プラスチック JIS K 7350-4
  • 加硫ゴム及び熱可塑性 JIS K 6266

その他: 塗装鋼板、フィルム、コーティング皮膜、電気・電子部品等

このページに関する
お問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部
0120-643-777

0120-643-777

月~金:9:00~17:30(祝祭日を除く)

?
  • TEL
  • MAIL
  • ご依頼の流れ
  • 質問