グラベロ試験(飛び石試験、チッピング試験)

動画配信中!

グラベロ試験(飛び石試験、チッピング試験) グラベロ試験(飛び石試験、チッピング試験) ※音声はミュート設定になっております。

表面処理材の塗膜評価(塗装の耐剥離性試験)の他、自動車成形部品などの立体的な形成部品、自動車の自動運転システムや自動ブレーキシステム(衝突被害軽減システム)等に使用される高い安全性が求められるパーツ(車載カメラやセンサ)を対象としたグラベロ試験(飛び石試験、チッピング試験)をお引き受けいたします。

グラベロ試験の概要

グラベロ試験機
グラベロ試験機
  • 砕石、ケイ砂、鉄鋼材などの様々な射出材が選定可能
  • 射出距離・角度・圧力・温度(− 40℃〜 135℃)などをご希望の条件に設定
  • 板状サンプルのみならず立体物も試験可能
  • 飛来物による損傷評価にも対応可能
対応試験温度 -40℃~135℃
吹き付け空気圧 Max 0.6MPa
射出物(石等) 6号砕石、7号砕石 (JIA A 5001)、ケイ砂、ナット、鉄鋼材等
試験体サイズ 300W×250H×150D(mm)
試験体重量 ~5kg
噴射口径 20~52mmφ

射出物の一例

6号砕石
6号砕石
ケイ砂
ケイ砂
鉄鋼球
鉄鋼球

射出物の違いによる試験後外観の違い

  試験前 6号砕石 500g ケイ砂 500g
ポリカーボネート
電着塗装板

※透明な試験板の背景にJFEマークを置いて撮影

画像解析ソフトを用いた試験後の傷の数や面積の評価


画像解析ソフトを用いた塗膜剥離面積解析

試験後の傷の数や面積の評価は、画像の2値化による自動解析法を用いて、数値評価することが可能です。画像解析はSAE J400やISO 20567-1で求められるレイティング評価にも利用されています。

塗装のグラベロ試験(耐剥離性試験)

JASO M104(ブレーキチューブ試験方法)およびSAE J400(TEST FOR CHIP RESISTANCE OF SURFACE COATINGS)等に準拠したグラベロ試験(塗装の耐剥離性試験)が可能です。

グラベロ試験条件

試験温度 室温~-40℃
吹き付け空気圧 Max 0.6MPa
試験片までの距離 350mm
試験片取付角度 20~90度
取り付け角度を20度や45度としたソフトチップ試験も可能です。
試験片サイズ 75×150mm
射出物(石) 6号砕石、7号砕石(JIA A 5001)等

グラベロ試験片評価方法

  • JASO M104(ブレーキチューブ試験方法)外表面の劣化はがれ、亀裂
  • SAE J400(TEST FOR CHIP RESISTANCE OF SURFACE COATINGS)
    剥離の数、グラベロ試験判定用紙との比較
  • 各自動車メーカーの評価方法
  • テープ剥離方法
  • 剥離面積評価(画像解析)

成形品へのグラベロ試験(チッピング試験)

従来の板材だけでなく実際の自動車成形部品などの立体的な形成部品へのグラベロ試験(チッピング試験)を行います。投射角度や噴射口径の変更も可能です。

成形品へのグラベロ試験方法

試験条件

試験温度 -40℃~120℃
吹き付け空気圧 Max. 0.6MPa
試験片までの距離 100~500mm
投射角度 20~135度
試験体サイズ 300W×250H×150D(mm)
試験体重量 ~5kg
射出物(石等) 大きさ2~20mm、6号砕石、7号砕石、ナット、鉄球等
噴射口径 20~52mmφ
成形品の固定方法の例
成形品の固定方法の例
チッピング試験模式図
チッピング試験模式図
チッピング試験後外観例
チッピング試験後外観例

その他、ご要望に応じて、適した試験をご提案いたします。

車載カメラのグラベロ試験(飛び石試験・チッピング試験)

車外に取り付けられるパーツは、常に路上の石や砂の衝突の危険性があります。グラベロ試験を実施することにより、耐衝撃性を考慮したパーツの設計および材料の選定が可能となります。

当社では自動車の自動運転システムや自動ブレーキシステム(衝突被害軽減システム)等に使用される車載カメラやセンサーを対象としたグラベロ試験をお引き受けいたします。

車載カメラを対象としたグラベロ試験条件

高い安全性が求められるパーツは、従来よりも過酷な試験条件での評価が求められます。

項目 従来 車載カメラ
射出距離 350 mm 50~350mm
射出物 玄武岩 玄武岩・ケイ砂
射出角度 90° 20°~150°
試験イメージ
ご指定の距離や角度に対応した冶具を作製し、ご要望の条件で試験を実施いたします。

試験の対象となる製品例

  • 自動運転用バックモニター等の車載カメラ
  • LEDライトやセンサーのガラス・樹脂製カバー
  • コンバーター等の車外化が検討されている部品

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部