各種材料の高速変形特性評価

各種材料の高速変形特性評価


10000フレーム/sec 引張試験の高速度ビデオ
高速引張り試験(図1
  • 対象材;鋼、アルミ合金ほか各種金属、PPなど各種樹脂材
  • 歪速度と試験機;歪速度=10-3~103/s
    0.001~0.1/s : 静的引張り試験機
    0.01~100/s : 油圧サーボ試験機
    0.01~500/s : 検力ブロック試験機
    500~2000/s : ホプキンソンプレッシャーバー試験機
  • 各種温度での高速引張り:-196℃~400℃
  • 上記試験データに基づく各種構成式決定
落重試験:高速圧壊、圧縮試験
  • 圧壊時の変位-荷重測定
試験 試験機 仕様 測定事例
落重試験 中型落重試験機 落下高さ:Max. 5.5m
重錘:10~100kgf
(~140kgf程度まで増量可能)
  • ハット型部材の軸圧壊
  • インパクトビーム低温破壊
大型落重試験機 落下高さ:Max.2.5m
重錘:290~1000kgf
  • 発泡樹脂の圧壊試験
  • ハット型部材の軸圧壊
落錘試験装置 落下高さ:Max.8m
重錘:Max.90kgf
  • 人体衝突再現
  • 車体衝突再現
大型高速変形試験機 最大荷重: Max.50ton
試験速度: 0.1 ~11m/sec
最大ストローク: 140 mm
等速変形式
  • インパクトビーム曲げ圧壊
  • ハット型部材の軸圧壊
  • 試験片の形状、寸法 : 全歪速度範囲で共通。通常は板厚1.0mm。

図1 軟鋼板の引張り強さにおよぼす歪速度、試験温度の影響
図1 軟鋼板の引張り強さにおよぼす歪速度、試験温度の影響

図2 各種高速引張り試験機と適用可能ひずみ速度領域
高速引張り試験
共軸型ホプキンソンプレッシャーバー方式
高速引張試験 軟鋼 ひずみ速度:1000s-1

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部